転職先企業の選び方

転職先企業の選び方としてまず重要なポイントは「ミスマッチ」がないことです。職務内容や転職先企業の事業内容などを自分のスキルや経験、仕事に対する志向性と照らし合わせ、ベストマッチの企業への転職を果たしましょう。

職務内容の理解

一般的に「希望の業界に入れれば職務内容や年収はどうでもいい」。こう考える人は少数派ではないでしょうか。希望業界でのキャリア形成を熱望する方は多くいらっしゃいますが、 職務内容(職種)は問わないという方は少ないのではないでしょうか。
自身のキャリア形成を考えた場合、職務内容が軸となることが多いはずです。求人情報誌や転職サイトで関心をもった求人案件を見つけたら、まずは職務内容の理解をしっかりとすることが、キャリア形成上重要なポイントです。
職務内容の理解のポイントは次の3点となります。ミスマッチのない転職先企業を選択するためにも重要ですが、選考を有利に進めるためにもしっかりと把握したいポイントです。

  • 仕事の内容や流れをイメージできるか。
  • 期待される成果を理解できるか。
  • 自分の経験やスキルはどのように活かせるか。

事業内容の理解

さまざまな情報源を利用して関心のある求人情報を見つけたら、その求人企業について理解を深めましょう。
特に未経験の業界への転職を希望する場合、会社が何をして利益を得ているのかという「事業内容の理解」は必須事項です。仕事内容自体には興味があっても事業内容への理解や共感がなければモチベーションは上がりません。モチベーションが上がらなければスキルアップへの意欲も低下し、将来のキャリアアップに影響を及ぼしかねません。
スキルや経験は長期間に渡って形成されるものです。転職先の事業内容への理解・共感は長く働ける企業選択の必須事項と言えます。

  • 会社の事業内容を理解しているか。
  • その事業内容に共感できるか。

業界研究

応募先企業の事業内容を理解・共感することが出来たら、企業が属する業界について把握します。応募先企業の業界内での位置づけ・競合他社などについて調べることで、応募先企業の特徴や将来性などが見えてきます。
また、競合他社が同様の職種で採用募集を行っている場合は、応募先企業の選択肢を増やすことが出来るというメリットもあります。

  • 応募先企業が属する業界について理解しているか。
  • 競合他社について調べ応募先企業の特徴を把握しているか。
  • 場合によっては競合他社への応募も行い、選択肢を増やす。

自分にとっての「良い企業を見つける」

「良い企業」とは何でしょうか?
「知名度が高い企業」「株式を上場・公開している企業」「給与が高い企業」「仕事にやりがいのある企業」「制度が充実していて働きやすい企業」などなど、答えは人それぞれでしょう。
私たちが考える、転職者にとっての「良い企業」とは、転職の目的を果たすことができ、長期に渡ってキャリア形成に取り組むことが出来る企業です。 転職の目的は人によって異なります。自分が最も譲れないと思えるポイントを絞り、転職の目的を明確にしましょう。最後に転職先を決定し働くのは自分自身です。知名度や風評に惑わされることなく、自分で集めたさまざまな情報から正しい判断を下し「自分にとっての良い企業」への転職を果たしてください。

  • 自分の「転職の目的」ははっきりとしているか。
  • 「転職の目的」を達成でき、長期に渡ったキャリア形成が可能か。
  • 会社の知名度や風評に惑わされていないか。

専任のコンサルタントがあなたの転職をサポートします

キャリタス転職エージェントは、あなたの転職を専任のコンサルタントがサポートします。
まずはキャリタス転職エージェントのサポートへお申込ください。

転職サポートへのお申し込み

BACK TO TOP