職務経歴書の書き方

現在中途採用を行っている企業のほとんどは履歴書の他に職務経歴書の提出を求めてきます。履歴書と違って書式に指定が無く自由であるために、 他の応募者に差をつけやすいのが職務経歴書です。書類選考は実質的な第一選考。これまで培ってきた経験やスキルをわかりやすくまとめ、 人事担当から是非会ってみたい人物であると思われる職務経歴書の書き方を紹介します。

職務経歴書を書く前に

職務経歴書を書き始める前に、記入する内容を整理しましょう。自分自身のこれまでの経験(どんな仕事をし、何を学び、どんな工夫をしたのか)を、 どんなに小さなことでも構いません。思いつく限りに書き出してみると良いでしょう。すると自分自身の強みも見えてくるはずです。

職務経歴書とは

職務経歴書とは自分を売り込むための書類です。自分がこれまで培ってきた経験やスキルを記載するだけではなく、「自分にはこんな事が出来る。」といった自己PRの書類であり、 良くも悪くもその書き方は人間性も表わします。サンプルのコピーと同じでは熱意も個性も感じられず、印象に残らずに終わってしまいます。最もアピールしたいポイントを絞るなど、 書き方にメリハリをつけるだけで自分らしさが表現できるでしょう。

基本書式

  • 職務経歴書の基本書式はA4用紙で縦書きが一般的なルールです。
  • まず「職務経歴書」とタイトルを記入し、提出する日付と氏名をその下の行の右端に書き込みます。
  • 職務経歴書の枚数は3ページ程度まで。
    経験や実績をアピールしようとするあまり、いたずらに長い書類を良く見ます。職務経歴書は面接同様、選考者が書類を見た瞬間の印象も大切です。一見してポイントが分かるように、簡潔に要点をまとめて「この人の書類はじっくり読もう」「この人に会ってみよう」と思ってもらえるように工夫しましょう。
  • 項目ごとにまとめて書く。 「職務要約」「職務経験」「保有資格・スキル」「自己PR」程度にまとめます。
  • 社内用語は用いず、一般的な用語を使用する。
  • 形式について。
    形式には大きく分けて「編年体式」と「キャリア式」があります。「編年体式」は最も一般的な書き方で時系列で自分の経験・スキルをまとめ、「キャリア式」は勤務先や時間に捉われずに分野や業務内容ごとにまとめて書く書き方で、技術職やエンジニア、また特定の業務をアピールしたい応募者に向いている書式です。
編年体式
異動や昇格、資格取得や表彰など状況に変化が生じたときにまとめて記載します。
サンプルはこちらpdf
キャリア式
技術分野別、キャリア別に記載します。人事担当者が応募者がどんな分野に高い経験とスキルを持っているのかがわかりやすいといったメリットがあります。
サンプルはこちらpdf

職種ごとのポイント

営業職
扱っている商材や担当クライアント、売り上げ実績などは箇条書きするなど、見やすく記載します。また、営業方針や企画提案の仕方、その中で創意工夫したことなども記載すると良いでしょう。
事務職
会社の規模や部署、部下の人数など会社の規模がわかるように記載します。担当した業務の詳細や、その中で自分が創意工夫した点などもアピールしましょう。
技術者
使用言語、プロジェクトの規模・担当領域、その中で果たした役割を詳細に記載します。出来るだけ具体的な職務内容を記載しましょう。

職務経歴書の書き方についてご紹介しましたが、人それぞれ経験・スキルは違います。特に、はじめての転職活動では、これまでの経験を整理し、アピールポイントを分かりやすく記載することが大切です。「はじめての転職サポート」にご登録いただいた方には、担当コンサルタントが個別面談を通じて、客観的にあなたのスキルを判断・分析し、アドバイスさせていただきます。職務経歴書に関する疑問や不安を解消し、安心で確実な転職活動をしましょう。

  • 履歴書の書き方
  • 英文レジュメの書き方

専任のコンサルタントがあなたの転職をサポートします

キャリタス転職エージェントは、あなたの転職を専任のコンサルタントがサポートします。
まずはキャリタス転職エージェントのサポートへお申込ください。

転職サポートへのお申し込み

BACK TO TOP